ホーム ご挨拶 会社案内 製品&技術 営業拠点 Q&A お問合せ
製品&技術
TOP >>製品&技術 >>自動窓拭き洗浄装置



自動窓拭き洗浄装置の概要

全ての装置で洗浄液は自動希釈システムです。

本装置は、高所又は人力で清掃が不可能な窓ガラスを全自動で洗浄し、
ガラス面の視界を常にクリーンな状態 に保持出来る装置です。

ごみ焼却施設のクレーン操作室及び見学者窓は、ごみピットの上部に位置し、
ほこり・悪臭及び危険等の理由により遮断する密閉構造となった窓です。

  1. 本機を採用することにより窓の開閉を行うことがなく 、操作室内部から窓ガラス
    自動洗浄が出来ます。
  2. 窓ガラスの清掃は、クレーン操作室よりタッチパネル操作のみで全く人手を必要とせず
    全自動で且つ迅速に行うことが出来ますと共に、常に良好なガラス面の視界が保てます。
  3. 特に、新設の清掃工場の場合、本機を採用することによりクレーン操作室の窓サッシ
    構造は、従来に比べて、よりシンプルな方式が採用でき、正面窓ガラスについても
    大きな一枚ガラスで窓の視界も格段に向上しています

標準的なシステム概要図
(出窓型・傾斜窓、取付が特殊な構造等様々な形状に対応します。)

↑ページの上に戻る

 



本機は、外壁面に走行レールを設置し、左右横行可能な駆動装置とガラス清掃のための水洗浄ノズル、 水洗浄後の水分水切りスイーパ等を搭載した洗浄ユニットが、走行レールに懸垂されております。
本機は、従来にない下記の多くの特長を備えております。

  素材を厳選して劣悪環境に耐える構造です。
  全ての素材はステンレスを使用。

  1. 本機は、クレーン操作室の 液晶タッチパネル操作のみで全自動にてすべての窓洗浄作業が行えます
  2. どんな窓構造にも適用できるよう製作可能です。
  3. 洗浄水を噴射し、汚れを分解後に水洗及び水切りを行います。
  4. クレーン操作上で重要なビット底を見下ろす底窓についても十分な清掃が行えます。
  5. クレーン操作室に隣接して設置される見学者ホールの窓についても、同一機でクレーン操作室と同様の清掃が可能です。
  6. 本機は、ごみピットのような悪条件下でも十分作動に耐えうるよう随所に耐磨耗・耐腐食に留意した材質の選定と構造を採用しております。
  7. 本機は、保守・点検が容易な構造となっており、又ホッパーフロアに窓洗浄装置室を設けることにより、本機の保守・点検整備が可能です。
  8. 運転中、何らかのトラブルで非常停止した場合は、窓洗浄装置室内のオートリールをハンドル操作し本機を室内まで戻し、点検・整備を行います。

↑ページの上に戻る

 



圧倒的な実績で、建築図に基づき
設計・製作・設置・試運転まで一貫した体制でご満足を頂いています。


当社では、都市ごみ焼却設備の監視窓、見学者窓をいつも視界良好な状態を実現します。
自動窓拭洗浄装置は、ごみクレーン操作室窓や見学者窓をいつもクリーンな状態にするために、全自動運転にて窓拭洗浄を行う装置です。
当社の窓拭装置は、全ステンレス製で、腐食の防止、 全自動運転・長期間持続を目指した画期的な製品です。




当社ではあらゆる窓形状に対応します。ご要求によりその他の方式も製作可能です。

↑ページの上に戻る